ストレス社会で生き抜く現代人|心を癒やしてくれる心理カウンセラー

男性

様々な場所で

文房具

働く場所

心理カウンセラーの活躍する場所は多方面にわたっているので、一般にはなかなかわかりにくいものとなっています。医療機関には医師や薬剤師、看護師や保健師などの有資格者が働いていますが、心理カウンセラーと呼ばれている臨床心理士は国家資格があるわけではありませんので、一般には医療関係者の中には入りません。しかし実際には数はまだ少ないほうですが。精神科を中心にして小児科、心療内科がある病院や医院に勤務して医師の管理のもとで働いています。一般的に医療機関に心理カウンセラーが数多くいるように見えますが、医療ソーシャルワーカーや、精神科ソーシャルワーカーなどの医療と福祉の両方を専門とする社会福祉の専門家が、心理カウンセラーの仕事も兼任しているところもあります。

高齢化社会を迎えて

心理カウンセラーは様々な場所で活躍をしています。保健所や精神保健福祉センターで地域の精神保健福祉活動を推進する公務員として、また児童相談所などの子供が入る施設や老人福祉施設、身体障害者更生相談所など特定の条件がある人が利用する施設など、様々な分野で心理カウンセラーは活躍しています。日本も欧米のように家族や知人だけではなく、心理カウンセラーという心の専門家に相談をするという社会になってきました。問題が起こってきてその問題が自分の力ばかりではとても解決ができないとき専門家の助言や、援助で立ち直りたいと思うことは積極的な姿勢です。高齢化社会になっている今の日本には介護については介護福祉士が対応していますが、今後必要になってくるのが老人への心理的な援助になってきます。